便利な都心のお寺の納骨堂に遺骨を納めました

便利な都心のお寺の納骨堂に遺骨を納めました

先日、義父の遺骨を都心のお寺の長崎 納骨堂に納めました。義父は郊外の自宅の近くの小高い山の上に墓地を購入していました。
しかし墓石を建てそこに埋葬するには費用も掛かり、更にその墓地は途中から急な坂を徒歩でしか行けない所で、私でも登るのが非常に辛い場所で、年老いた義母が一人でお参りする事はとても無理なのです。
お探しの長崎 霊園はこちらです。
義両親がまだ若い頃に購入したため、年寄りが登る大変さが判らなかったようです。
やはり、お参りに行けてこそのお墓です。しかし、新に墓地を購入する事もできず、女房を含む兄弟で話し合い、結局都心のお寺の納骨堂に納める事にしました。
詳しいことは霊園 長崎市で探せます
そのお寺は非常に有名で、私の家からは義両親の実家よりも近く、思い立てばいつでもお参りに出かけられる場所です。
氏を刻んだ墓石がなくても、手を合わせ義父を弔う気持ちがあれば、きっとその真心は義父に届くと思います。
気になる方は長崎 墓地←をクリック。
家族構成により、お墓を建立してもすぐに無縁化したり、実家が遠くて身よりもなくなり、先祖代々の墓をしまって都心の納骨堂に遺骨を納める人が増えていると聞きます。
お悩みの方は長崎 永代供養←からどうぞ
まさに、現代の社会情勢が、お墓事情にも反映されているのですネ。