将来を見越した親不知の活用

将来を見越した親不知の活用

親不知は4本ありますが、その内の3本はまっすぐ生えなかったため
都度抜いてもらっていました。そんな中、4本目の親不知が生えました。詳しいことは教えて歯医者さん←ここでわかります
今回はまっすぐに生えてきましたが、元々歯が弱い方だったのでその親不知も
虫歯になってしまいました。探すなら歯医者検索←をクリック。
虫歯の治療をする際に、神経近くまで虫歯が進行しているので
歯医者さんはその親不知を抜くかどうか迷っていましたが、
将来的に親不知手前の歯が抜けたとしてもこの親不知にブリッジを
掛けるという活用方法もあるため、親不知の神経を抜き歯を残すことにしました。適切な歯医者の選び方ができます。
親不知は人間が進化する中で、退化している歯だとも聞きました。困ったら歯科選び←まで。
そのため虫歯にもなりやすく、通常は抜いてしまうのですが
将来的なことも十分考慮して神経を抜く判断をしていただいたことに感謝しています。
現在その親不知と1つ手前の奥歯はクラウンを連結してかぶせてあります。
両方の歯とも神経がないためクラウン連結にて強度が増し、固い物を噛むときも
ほとんど不安がありません。