いよいよ屋根が乗りました。

いよいよ屋根が乗りました。

次に見たときには、屋根が付いてその屋根に板を次々と張っていました。
注文住宅をお探しならこちらがオススメ!⇒掛川 注文住宅
夢を叶える水戸市の注文住宅をおススメします!
板をあげるときに、番号らしき物を見ながら大きな声で番号を言います。

 

すると屋根の人が、それを所定のところに合わせていきます。
気になる情報は菊川 注文住宅←で検索!
が寸法がきちんと取れていて、きちっと合っていました。

 

 

聞くとほとんどすべての材料が、プレカットされていて、ぴったり合うのだそうです。
気になる方は御前崎 注文住宅で検索してください。

 

さすが、コンピュータの時代だと思いました。
私はここ⇒注文住宅 掛川市を参考にしました。
大切なことだから茨城県の注文住宅で実現しよう!
プレカット工場が有って、そこでサイズどうりに切って行くと、設計士が言っていました。
詳しいことは静岡 長期優良住宅まで!

 

それでは、大工さんの腕の見せどころが無いじゃあないかというと、「昔のようなわけにいかんわな」とあっさり、言われましたがそれなりにやることは、まだまだいっぱいあるんだといっていました。

 

 

屋根に板を打ち付けると、どこから見て立派に家の形をしています。

 

これで棟上も終わったし、後は屋根工事が済んでからということでしたが、近頃は棟上も何も有りません。

 

夢をカタチに茨城県の設計事務所へ是非、お任せ下さい。

 

 

昔は餅まきとか、振る舞い酒のようなことがあったようですが、今はそんなことはしません。

 

 

それで、ビールを1ケース買ってきて、工事の責任者に渡しておきました。

 

 

合ったそうですが