働きやすい会社

働きやすい会社

私はヤマト運輸の良さを書きたいと思います。
お困りでしたらメール便にて補助します。
私は数年前からヤマト運輸の仕事をしています。このヤマト運輸といいますと
大型輸送から宅配便と幅が広いのですが、給料も安定しています。
よければ販促品物流で検索してみましょう。
賞与もそれなりに
もらえていると思います。休業関係もちゃんと交代制になっていて、週休二日といった具合です。私は宅配便に関係にいて、ドライバーとしてやっていますが、この仕事のやりがいといいますのは、かなり頭を使うということです。単純に荷物の配達をするのではなく
お客様の荷物を渡すまでのプロセスがすごいんです。このプロセスをご説明させていただきます。それは荷物の仕分け作業から始まるのです。大型トラックで大量の荷物が一つのセンターにおろされます。フォークリフトで10回ほど荷物を積んだカートを下ろしていきます。その荷物の数、一つの配達コースに200個ほどあります。その荷物を今度は
地域別に仕分けていきます。もちろん荷物に貼ってある住所を見ながらです。一つ見間違えますと、配達上大変なことになってしまうケースもありますから、かなり緊張感を持ってやらないといけません。次にある程度地域別に分けられた荷物を今度は大きさをうまく
利用しまして、クロネコヤマト専用のバスみたいな車に積み込むわけです。この時はみんなで力を合わせて積み込みます。大きい荷物、とっても小さな荷物、重い荷物、軽くて壊れそうな荷物。紙切れの荷物。どれも荷物です。この時に配達順に積み込んでいくのですが、荷物の大小、強度などありますから、箱を並べるようにはいきません。ここが頭の使いどころなんですね。ヤマトの朝は早いので、朝からの頭の体操にはもってこいなんです。
それに当然のことながら、身体もしっかり使いますしね。
もしよろしければキャンペーン物流で調べてみましょう。
そして積み込みがうまくいきましたら、次に地図の確認です。配達場所がわからないではお話になりません。もちろんその日に来た荷物の中には、全く初めて行くお宅や企業も含まれています。事前に場所の確認を100%にしていかないと、これまた大変なことになりかねません。その日に配達が全部完了しなかったではこれまたお話にならないし、お客様にご迷惑を
あかけてしまいます。そういう地図の確認というのはこの仕事の軸といってもおかしくありません。
それともう一つ、それは時間指定のお客様への配達です。例えば14時から16時までの
指定があったりすると、ほかのお客様と二重にも三重にも四重にもなったりすることがあります。

お困りのことがあればノベルティ物流で相談に乗ります。
そうなってきますと、配達場所が近ければ時間的にも速く完了す
あるのですが一件一件の距離が長くなりますと、今度は時間に追われだすのです。これが
この仕事のプレッシャーでもあり、いい刺激でもあるのです。中には急ぎすぎて事故を起こしそうになったりすることもありますが、これをクリアーした時の気分は何とも言えません。この仕事は毎日毎日が自分との闘いです。そして、いかに毎日平常心でやれるかということが大切になってきます。大変ですが、達成したとき、そうです、最後の配達先のお客さんの笑顔がその日の癒しとなり、次の日のエネルギーとなっていくんですね。
私はここにこの仕事のやりがいをしっかりと感じています。もっと書くことは沢山あるのですが、配達という仕事は単にものを運ぶことではなく、いかにお客様を喜ばせるかにあると考えます。そしてそのお客様に好感をもたれる配達員でありたいとも思います。
私は普段仕事をしているときはいつもこう考えています。私は荷物と一緒に幸せお届けする配達員と。このような考えを持つことのできた自分を作ってくれたのはヤマト運輸のおかげだと思い大変感謝しております。本当に魅力的で奥の深い会社だと思います。
お探しの小物発送をお選びください。